らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、ひどい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座、TOEIC、ヒアリングマラソンの学習記録と感想のブログ

広告


エルミタージュ美術館の猫警備員

猫の警備員

以前、ボストン美術館のスタッフ犬・ライリーが話題になっていたけど(参考:ボストン美術館のライリー)、ロシアのエルミタージュ美術館には猫の警備員がいるらしい。

 

 

エカテリーナ二世の任命

猫警備員たちの任務はネズミを捕ることで、現在、約70匹が任務遂行中。

美術館を開設したエカテリーナ2世(在位1762~96年)から任命されたのが始まりという、由緒ある猫警備隊なのだった。

普段は美術館バックヤードの地下、裏庭周辺などをパトロールしているので、美術館の来場者の目に触れることはない。

(年に一度、『猫の日』のイベントで地下室の見学が可能)

 

参考:

 

※他にも『Hermitage cats』で検索すると、写真やビデオがたくさん出てくる。

 

ロシア人は猫好き?

上記の日経新聞記事によれば、ロシアには猫好きの人が多いとか。

以前読んだ『Bob: No Ordinary Cat』の中でも、最初にボブ猫にマフラーをプレゼントしたのは確か、ロシア出身の女性だったのを思い出す。

なんとなく、ロシアの人たちに親しみを感じてしまう。

もし、エルミタージュ美術館に行ける機会があったら、所蔵の美術品よりも先に、猫の警備員たちに会いたいなぁ。

 

関連記事

 

広告