らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、ひどい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座、TOEIC、ヒアリングマラソンの学習記録と感想のブログ

広告


ボストン美術館のライリー

NHKラジオ『高校生からはじめる現代英語』で、ボストン美術館(Museum of Fine Arts Boston)の新スタッフ・犬のライリーの記事が取り上げられていた。

ただいま研修中

スタッフということはお仕事があるわけで、その職務内容とは、

Riley is a puppy, just 12 weeks old.  He will be using his nose to sniff out pests that want to eat the precious artwork at the museum.

(ライリーは子犬で、まだ生後12週です。美術館の貴重な美術品を食べようとする害虫を、鼻を使って嗅ぎ出すのが彼の役目となります。)

高校生からはじめる現代英語6月号

(語彙メモ)

  • sniff out:クンクン嗅ぎ出す、嗅ぎ分ける
  • pest:害虫、有害生物
  • precious [préʃəs]:高価な、貴重な、重要な

 

つまり、ライリーの任務は『害虫探知』で、まだ子犬の彼は目下、研修中とのこと。

今後の予定としては、

He will be making his rounds during hours when the facility is closed to visitors.  Riley is a Weimaraner, a hunting breed with a keen sense of smell.

彼は美術館が閉館している時間帯に見回りを行う予定です。ライリーはワイマラナーで、鋭い嗅覚を持つ狩猟犬です。)

(語彙メモ)

  • round:巡回、巡視、歴訪
  • facility:施設、設備、機関
  • breed:種族、品種
  • keen [kíːn]:(感覚が)鋭い、鋭敏な

※ワイマラナーは、ドイツ原産の狩猟犬。

参考: ワイマラナー - Wikipedia

ライリー♡

ライリーくん本人(本犬)の姿を見てみたい!

ボストン美術館(Museum of Fine Arts Boston)の公式サイトにライリーの紹介ページがあった。

 

こちらは動画あり。

マスコミへのお披露目の場で、カメラのフラッシュにもまったく動じない大物ぶり。

でも、ボールを追っかけるしぐさは子犬そのもの。※キュン死注意!

Twitterのページもあるので( #RileyTheMuseumDog )、ライリーの成長ぶりを見るのが楽しみ。

Working K9

なお、ライリーのジャケットに書かれた "working K9" は『使役犬』の意味で、K9は "canine" の発音を置き換えたもの。

  • canine [kéinain]:【名】イヌ(科の動物)、(人間の)犬歯、糸切り歯

『高校生からはじめる現代英語』テキストの説明によると、

K9は police dog(警察犬)をはじめとする、その特殊な能力を人間が利用する犬を指します。もともとは軍用犬を指して使われていた一種のダジャレですが、短く書くことができて使いやすいため普及したようです。

Working feline?

ちなみに、"canine" の猫版の言葉は、"feline"。

  • feline [fíːlain]【名】:猫科の動物

 

Working K9 にも負けない、我が家の Working feline の働きぶりをご覧ください。

 

【任務1】お風呂の湯温確認

f:id:gothefulldistance:20180619174109j:plain

 

【任務2】会計の勉強

f:id:gothefulldistance:20180310131109j:plain

 

あと、食べ物の匂いを察知する能力は狩猟犬のライリーにも負けないと思う。

どこまでも頼もしい、我が家の殿様であった。

関連記事

ハチ公の剥製と海外での秋田犬ブームについて

ゴールデン・レトリーバーの小鹿救出劇

チンパンジーがじゃんけん

広告

広告