らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、ひどい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座、TOEIC、ヒアリングマラソンの学習記録と感想のブログ

広告


ペットのパスポート

f:id:gothefulldistance:20181112170429j:plain

 

 

EU圏内で『ペットパスポート』というのがあることをこの記事で知った。

 

このペットパスポートがあれば、ペットを連れてEU加盟国間を検疫の係留なしに行き来できるというもの。

 

愛犬とヒッチハイクでフランスへ

興味深いので情報検索したところ、欧州議会・英国連絡事務所サイトの説明が簡潔でわかりやすかった。

しかも、ペットパスポートを紹介するビデオが素敵すぎて、しばし現実逃避してしまう。

(はつらつとした女性が愛犬と一緒にヒッチハイクで旅に出て、フランスでバカンスを楽しむという内容)

 

※このサイト↓を開くと、ビデオが自動再生されて音楽が流れるので、音を出したくない場合は注意。

 

対象は犬・猫・フェレット

説明によると、ペットパスポートの対象になっているのは、犬・猫・フェレットで、必要とされるのは、

  • 狂犬病の予防接種を受けた証明
  • フィンランド・アイルランド・マルタ・イギリスに入国する場合は、寄生虫治療の証明も必要
  • ペットを識別するためのマイクロチップ(または2011年7月3日以前に承認されたタトゥー)

 

犬猫はともかく、何故フェレット?という感じだけど、狂犬病感染のおそれがあるペットとして指定されているようだ。

 

参考:EU圏内でのペットの移動に関する法律

 

猫のパスポート

今のところ、猫を連れてヨーロッパ旅行をする予定はないけれど、当分の間、猫旅行の妄想で楽しめそう。

パスポートの顔写真は、これでどうかしら?

 

f:id:gothefulldistance:20171116122352j:plain

 

関連記事

 

 

広告