らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、粗末な、ひどい、嘆かわしい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座やTOEICのことなど。

広告


TOEICマークシートのスピードアップ小道具

TOEIC(L&R)において、マークシートをいかに素早く確実に塗るかは、ものすごく重要な問題だ。

全パート、時間とのたたかいだから、マークシートを塗るのにかかる数秒さえ、惜しく感じられる。

とはいえ、雑に塗って、読み取りができないと困るので、焦りつつも、念入りにぐりぐりと塗りつぶしたりして、けっこう時間がかかってしまうのが、我ながらもどかしい。

定番筆記具のメリット・デメリット

これまでのところ、試行錯誤しつつ、

  • 芯の先を程よく丸めた、消しゴム付き鉛筆を数本
  • シャーペン(0.5mm)
  • 普通の消しゴム(モノ消し)
  • 細部用消しゴム(モノゼロ)

というのが、TOEIC試験に持参する筆記具の定番になっていた。

これらを採用した理由としては、

  • マークシートを塗るには、芯の先が丸い方がいいので、シャーペンよりも鉛筆。
  • 名前とか必要事項の記入のために、シャーペンも必要。
  • 消しゴムは、状況に応じて、最短の時間で作業できるよう、数種類用意。
    (細部用は、後から間違いに気づいた場合、記入済みの他の箇所までいっしょに消してしまわないため)

が、これら定番セットにも、いくつか欠点が。

  • 試験の際は、ふでばこはかばんにしまうように言われるので、裸の筆記具たち(鉛筆数本、消しゴム2個、使用中の鉛筆のキャップ)が机上に並び、問題冊子をめくったり、マークシートをずらしたりするたび、なんか気になる。
  • 消しゴム付き鉛筆は、画期的な道具なようでいて、1秒を争う状況においては、鉛筆の上下をひっくり返す動作が意外とめんどくさい。
  • 鉛筆の先を丸めるのも加減が難しい。極太に調整すると、芯の露出部分が短くなり、塗っている時、芯先が見えづらく、はみ出しやすい。

究極の太芯

そんなわけで、何かもっといいものはないかと物色していたところ、芯が1.3mmと極太のシャーペン『鉛筆シャープ』(コクヨ)を発見。

↓0.5mmのシャーペン(上)と、鉛筆シャープ(下)を並べると、こんな感じ。

f:id:gothefulldistance:20170209233117j:plain

※なお、私が購入したのは、鉛筆シャープ、替え芯、消しゴム(リサーレ)がセットになった『マークシート最適セット』(下記参照)。

検証実験開始

これで、はたしてどのくらい効率が上がるか、実際にマークシートを塗ってみた。

塗りの効果とともに、ちゃんと消せるかも合わせて実験。

上述の定番筆記具も含め、登場する小道具たちは、こちら。

f:id:gothefulldistance:20170209220619p:plain

塗りつぶし効果と消し心地

まず、芯の太さによって、塗りつぶしの効率にどのくらいの差が出るか?

鉛筆シャープと0.5mmシャーペンで、それぞれマークシートを塗ってみたところ、0.5mmのシャーペンだと、隙間なく塗りつぶすのに、上下くりくりと8往復必要なところ、鉛筆シャープの方は、3往復で塗りつぶし完了。

この差は大きいと思う。マーク1個あたり1秒の差が出るとして、200個で200秒。あなどれない。

なお、塗りつぶしの仕上がりは、見た目的に、ほとんど差はなし。

f:id:gothefulldistance:20170209214804p:plain

次に、塗ったものがどのくらいきれいに消せるか。

最適セットの消しゴム『リサーレ』と、定番の『モノ消し』、細部用の『モノゼロ』でそれぞれ消してみる。

鉛筆シャープは、太くがっつり塗れたけど、普通のシャーペンに比べて消しにくいということはなかった。

消しゴム別では、リサーレの消し心地がもっともスムーズだった。モノ消しも遜色なし。

モノゼロは、リサーレやモノ消しに比べると、消す力ではやや落ちる感じ。形状の違いによる力の入り具合も影響しているのかもしれない。完璧に消すには、小刻みに多めにこすった方がよさそう。とはいえ、細かい部分に狙いを定めて消せる小回りは、やはり貴重。

個人的結論

以上、検証実験の結果、今後、TOEIC試験に持参する筆記具としては、以下に決定。

  • 最適セット(鉛筆シャープ、替え芯、リサーレ消しゴム)
  • 0.5mmシャーペン(必要事項記入用)
  • モノゼロ(細部用消しゴム)

次なるTOEICチャレンジまでに、問題集をたくさんこなして鉛筆シャープでマークシートを塗りまくり、さらに効率を上げていきたい。

 

商品情報

↓『マークシート最適セット』(鉛筆シャープ、替え芯、リサーレ消しゴム)

↓細部用の消しゴム、モノゼロ(角型と丸型の2タイプあり)

関連記事

新形式TOEIC問題集の難易度比較_2017秋最新

TOEICリスニングのイギリス英語対策にロゼッタストーン

TOEICのPart5対策!集中トレーニングに使い倒したい問題集

 

広告

 

広告