読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、粗末な、ひどい、嘆かわしい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座やTOEICのことなど。

広告


ForgeとCounterfeit

今日の『ニュースで英会話』<UK ISSUES FIRST PLASTIC BANKNOTE(イギリスが初のプラスチック紙幣を発行する)>より。

偽りの違いは?

ニュースの中で、『(紙幣等を)偽造する』を意味する言葉として、<forge>と<counterfeit>の二つが出てきた。

  • it's harder to forge and stronger than paper ones.
    (新しい札は紙のものよりも偽造が難しく、より丈夫である)
  • the note has security features that make it harder to counterfeit.
    (その札にはより高度な偽造防止対策が施されている)

この二つにニュアンスの違いはあるのだろうか?

辞書によれば、

  • forge [fɔ́ːrdʒ]:【他動】(金属を)鍛造する、プレスする、(違法に偽物を)偽造する、でっち上げる
  • counterfeit [káuntərfìt]:【他動】~を偽造する、~のふりをする
<英辞郎 on the WEB>

また、ネット検索したところ、

What is the difference between forgery and counterfeiting? - Quora

ここでの何人かのAnswerのうち、以下の説明がわかりやすかった。

The counterfeit is a copy of something, usually produced in quantity, for the purpose of gaining acceptance as the real thing. Thus money, stamps and tickets are counterfeited.

A forgery, on the other hand, is an original creation which may be produced only once or a few times.

<John Geare氏によるAnswerより一部抜粋>

つまり、<counterfeit>は、ぺろっとコピーしてしまう感じで、大量作成可能。一方、<forge>は、妙な言い方だけど、もっとクリエイティブな偽造で、美術品の贋作などがそれにあたるということか。

広告

 

広告