読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、粗末な、ひどい、嘆かわしい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座やTOEICのことなど。

広告


A Dead Secret

NHKラジオ講座 ラジオ英会話

ラジオ英会話の<English Theater>でやっていた、小泉八雲の『A Dead Secret(葬られた秘密)』。

『Kwaidan(怪談)』の中の一作品で、秘密の真相ははっきりとは語られないのだけど、それゆえ、かえって色々と想像させられて、じわりと怖いお話だった。

あらすじ

商家に嫁いだおそのという女性が、結婚から4年目に、幼い男の子を残して亡くなってしまう。

葬儀の翌晩から、おそのは幽霊となって現れ、自分の部屋のタンスを物欲しげにじっと見つめるのだった。どうやら、そこに何か気になるものがあって、成仏できないらしい。

家族から相談を受けた菩提寺の住職が、その家を訪れ、おそのの幽霊に手助けを申し出て、気がかりを解決。

おそのが成仏できないほど気に病んでいたものとは、引き出しの裏張りの下に隠されていた、恋文であった。

結婚する前、おそのは京都に修養に出ていたことがあった。おそのの父親が、賢く器量もよい娘に、都の教養と礼儀作法を身につけさせようと、信頼できる従者たちをつけて、京都へ送ったのだった。

恋文は、その頃のおそのに宛てて書かれたものであった。手紙は燃やされ、その内容を知るのは住職のみ。秘密は住職の死とともに、永遠に葬られた。

お父さんの失策

※事の真相は読者にゆだねる、という形で話は終わるので、以下はあくまで個人的な推測です。

器量よしの娘に『信頼できる従者たちをつけて』、京都へ送り出したのは、失策でしたね、お父さん。。と、問題の恋文が発見された時、思った。

でも、住職が秘密を守ったことで、残された男の子が、おそのの婚家で無事に育てられていきそうなのは、せめてもの救いか。

英語でなんて言うのか

このようなストーリーなので、当然ながら、純和風なモノやコトがたくさん登場する。たとえば、仏壇とか、成仏とか。以下、「へー!」と思った純和風の英訳メモ。

  • 祭壇、仏壇: shrine
  • 菩提寺: parish temple
  • 着物と帯: robes and girdles
  • 成仏する: find rest
  • 住職: chief (head) priest
  • お経: sutra
  • 裏張り: lining

典型的な日本の幽霊

それから、「脚がない」と描写されている、おそのの幽霊について、番組中にJeffさんが、

"Japanese typical yurei."

と言っていたのが印象的だった。

関連記事

O.Henryとホウ酸ナトリウム

"Sort of" Equivalents

英語で読む村上春樹の語句・文法解説が素晴らしすぎる

 

広告

 

広告