らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、粗末な、ひどい、嘆かわしい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座やTOEICのことなど。

広告


猫マフラーを編んでみた

目下、英語の多聴・多読推進中なので、その一環として猫のBobの本を読む。

ただし、この本↓を読みこなせるか、今ひとつ自信がなかったので、

A Street Cat Named Bob: How one man and his cat found hope on the streets

A Street Cat Named Bob: How one man and his cat found hope on the streets

  • 作者: James Bowen
  • 出版社/メーカー: Hodder Paperback
  • 発売日: 2012/09/01
  • メディア: ペーパーバック
 

まずは、英語やさしめ(special edition for children aged 11 and above)バージョンのこちら↓を買って読んでみた。

Bob: No Ordinary Cat

Bob: No Ordinary Cat

  • 作者: James Bowen
  • 出版社/メーカー: Hodder Paperback
  • 発売日: 2013/02/01
  • メディア: ペーパーバック
 

読みだしたら止まらなくて、一気読み!

しかも、Bobのカラー写真がたくさん掲載されていたので、猫好きとしてはこっちを買って正解だった。

日替わりでマフラーを巻いてポーズを決めるBobの姿に悶絶。

 

参考:Bobのマフラー動画

猫マフラーを編もう!

そして、Bobを見ていたら、うちの殿にもマフラーを巻いてみたいという欲望に抗えなくなり。。

手編みの猫マフラー完成!(英語の勉強はどこへ?)

f:id:gothefulldistance:20171116122352j:plain

マフラー巻いて、凛々しい表情の殿。

製作メモ

材料:100均の毛糸(約8mm×16m・25g)×2玉、ボタン1

f:id:gothefulldistance:20171116122434j:plain

道具:8号かぎ針

編み方:細編み

仕上がり寸法:幅8cm×長さ52cm

(※うちの殿は骨太体型のLサイズ・首回り25cm超なので、普通サイズの猫さんなら、ひとまわり小さくてもいいかも)

失敗メモ

最初は、Bobがよく付けているような、輪にしてくるりんと結ぶマフラーをイメージしていた。

が、実際に編みはじめてみたら、糸が太いので編地が分厚くなって、くるりんと結ぶのは無理だということが判明し、ボタンで留めるタイプに変更。

Bob風の結ぶタイプにするなら、もっと細い毛糸を使って編地を薄く仕上げるべきだった。

Bobまわりの英語表現

『Bob: No Ordinary Cat』の中では、マフラーのことを "scarf" と呼んでいた。

てっきり "muffler" かと思っていたけど、辞書で調べたら、首に巻くマフラーは "scarf" というのが正しいようだ。

それから、本の中でいちばん気に入った英語表現は、"blessing in disguise"。

直訳すると、変装した幸福。

一見、不幸に見えても、結局は幸福となるもののことをこう呼ぶらしい。

日本語で言えば『禍を転じて福と為す』に当たるのだと思う。

ほろ苦くて危なっかしく、ページを繰る手を止めさせないストーリーだった。

続編も出ているようなので、シリーズ制覇していきたい。

 

関連記事

1000時間ヒアリングマラソンの謎と正体

Tabby catとは?

ハチ公の剥製と海外での秋田犬ブームについて

広告

 

広告