読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、粗末な、ひどい、嘆かわしい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座やTOEICのことなど。

広告


無冠詞でいこう

最近のラジオ英会話で、遠山先生が「無冠詞です」と念を押していた言葉の備忘録。

orientation(オリエンテーション)

"Excuse me, do you know where orientation is?"

(すみません、オリエンテーション会場がどこか分かりますか?)

定冠詞<the>をつけたくて、うずうずするけど、無冠詞でいっとこう。

take roll call(出席を取る)

"The professor took roll call and didn't call my name."

(教授が出席を取ったんだけど、私の名前を呼ばなかったの。)

不定冠詞<a>をつけたくて、うずうずするけど、無冠詞でいっとこう。

<『ラジオ英会話 2016年8月号』より>

使い分けのポイント

マイ冠詞バイブル『これならわかる! 英語冠詞トレーニング 』で、使い分けのポイントを確認したところ、仕切られているという感覚ーー具体的なものとして捉えられているか、が上記の言葉に当てはまると思われる。

例えば<basketball>は、

  • スポーツとしての<basketball>: やや抽象的で一定の形を持っていないため、不可算名詞。
  • バスケのボールの<basketball>: 具体的な存在なので、可算名詞。

念押し

orientationtake roll callは、無冠詞でいっとこう。

 

広告

 

広告