読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らーめんてーぶる

Lamentable(残念な、粗末な、ひどい、嘆かわしい)な英語からの脱却を目指して、地味に奮闘中。NHKラジオ講座やTOEICのことなど。

広告


攻略!英語リスニング終了後のシャドウイングどうしよう問題

この3年間、週末のお昼に聞き続けてきた『攻略!英語リスニング』が、いよいよ最終回を迎える。

ずっと続いてくれるものとばかり思っていたので、番組終了を知った時は、かなりショックだった。

週替わりのコンテンツは、ジャンルが幅広くて、毎回楽しみだった。

あと、番組の締めの柴原先生の言葉:

語学学習においては、努力は決して無駄になりません。あせらず、たゆまず、コツコツと、取り組んでください。

この直球メッセージ、サブリミナル効果があったんじゃないかと思う。

おかげで、これまでやったことのなかった『シャドウイング』のトレーニングが、すっかり習慣になった。

これからシャドウイングどうしよう

問題は、当番組なき後のシャドウイングをどうしようか?ということ。

思いつく手段としては、まずは、放送内容をまとめて収録したCD本を利用する。

↓既刊はこの2冊

1)

2)

きっと、この続編が出ると思うので、そちらも要チェック!

個人的要望としては、全部入ったデラックス版を出してくれると、うれしいんだけどなぁ。

もしくは、歴史ものばかり収録したバージョンとか。

(コンテンツじたいがおもしろかったし、紀元前何年のような言い方や、人名・地名の英語読みとか、話の流れの中で耳と口になじませるのに、すごくよかったので)

その他のシャドウイング候補

【候補1】

他の候補としては、『攻略!英語リスニング』の番組枠で4月から始まる『高校生からはじめる「現代英語」』も、テキストを見たところ、題材のニュース文が適度な長さで、シャドウイング用としても活用できそうな感じ。

 

あと、インプット・アウトプットの各種トレーニングも、けっこうよさそう。

(参考:高校生からはじめる現代英語をはじめてみる

ただ、シャドウイングをがんがんやるなら、CDも買った方がいいのかもしれない。

まずは、実際に番組を聞いてみて、どう活用していくか、決めていく予定。

 

【候補2】

もうひとつは、同じくNHKラジオで放送中の『実践ビジネス英語』

『攻略!英語リスニング』とは異なり、会話形式なので、話者が複数。

ただし、言葉のキャッチボールというよりは、一人ひとりが、けっこうまとまった量の意見を述べる感じなので、文章の流れを追いながらシャドウイングするのにも向いていると思う。

登場人物には、アメリカ英語の人もイギリス英語の人もいて、ナチュラルスピードでついていくのは大変だけど、これに慣れれば、TOEICのリスニングにも効きそうだ。

 

↓新年度4月号のテキスト(放送は4月5日~)

↓ こちらは、2014~2015年度の放送分から、厳選した20本を収録。CD付き。

涙の最終回

さて、『攻略!英語リスニング』最終回のテーマは "Bravery"(勇敢さ)。

悔いのないように、めいっぱい、シャドウイングしておこう。

 

関連記事

『攻略!英語リスニング』の柴原先生の言葉が直球すぎて刺さる件

実践ビジネス英語の春

高校生からはじめる現代英語をはじめてみる

新形式TOEIC問題集の難易度比較

 

広告

 

広告